2011/04/02

インターネットでの常識――デマに惑わされない方法

【スポンサードリンク】

震災で加速! ツイッターのデマに惑わされない方法

今回の震災で、インターネットを通じた情報の拡散が大きな注目を浴びました。特に、全世界に多くのユーザーを抱える「ツイッター」は爆発的に活用され、政治家や有識者・著名人も利用していることから各方面に様々な影響を与えました。

今回は、被災地から携帯電話を使って助けを求める人も多くいたとのことです。

そういった意味では、バーチャルの「常識」は、そのまま人々のリアルな日常と密接に関わっていると言っても過言ではないでしょう。

もちろん、物事の判断基準に、ネットでの情報をそのまま横滑りで用いることは非常に大きなリスクがあります。誤った情報や私見が混乱や不安を煽ることもあり、そのような事象を憂う声に応える形で本記事の「デマに惑わされない方法」が掲載されるに至ったと考えられます。

しかし、重要な事柄を迅速にかつ広範囲に伝達・把握・共有できるという利便性は、今回の震災でも的確な救助につながり、避難所の人たちの精神的な支えにもなったという報告は枚挙にいとまがないようです。

今後ますますネットユーザーは増え続け、今回のような天災や大きな社会問題などでも意見交換の場所としてより重要な媒体となっていくことは必至です。

利用者の良識や冷静な判断に基づいた正しい利用法、その具体的指針を提示する機会などが強く求められる時代となっています。

【スポンサードリンク】

コメントは受け付けていません。

スポンサーサイト


Go Top